HASSELBLAD SWCを購入【レンズはCarl Zeiss Biogon C38mm F4.5 T*】

HASSELBLAD SWC Carl Zeiss Biogon C38mm F4.5 T* 非純正フード
 HASSELBLAD SWCです。購入したときに、非純正フードが付いてきました。

 このカメラは、歪曲収差のない超広角レンズ、Carl Zeiss Biogon 38mm(35mm判換算で21mm相当)のために作られた専用機。それ故に、レンズ交換はできません。このSWCに搭載されているのは、Biogon C38mm F4.5 T*です。

 また、レンズ性能を活かすことが最優先の設計となっており、その都合上、ファインダーとピント合わせの機構が内臓されていません。故に、フレーミングは外付けファインダー、ピントは目測となります。なんて撮影者に優しくないカメラなのでしょう!

 ちなみに、SWCには、レンズの距離指標がメートル表記のものと、フィート表記のものがあり、今回購入したのはメートル表記の方です。フィートに馴染みのない筆者には、メートル表記がありがたい。

 このSWC、状態としては、レンズ鏡筒に少しキズがあるのみで、それ以外はとてもキレイ、美品です。なのに、長期間売れ残っていたらしく、値引きがされていて、とてもお買い得でした。


HASSELBLAD SWC Voigtlander(フォクトレンダー)のアングルファインダー
 それからSWCに合わせて、Voigtlander(フォクトレンダー)のアングルファインダーを買いました。ウエストレベルで撮りたかったからです。このアングルファインダーは、だいぶ前にSWC用として500本限定でつくられ、既に生産終了しています。なのですが、ラッキーなことに、たまたまネットで在庫を見つけました。

 それと、SWCに付属していたのは非純正フードのみだったため、とりあえず500C/Mのストラップと、Distagon C60mm F3.5 T*に付けていたシリーズ8のフィルターを付けてみました。ただ、付属していた非純正フードをつけると、ファインダーがかなりケラレてしまい、すごく見にくい。


MSオプティカル製 HASSELBLAD SWC専用システムスリットフード
 なので、MSオプティカル製 HASSELBLAD SWC専用システムスリットフードを購入です。このスリットフードの効果は絶大! ファインダーのケラレは(なくなったわけではありませんが)、かなり改善されました。

 そして、早速SWCで撮影しました。まず、目測は難しい…。一応、自分の腕の長さを測っていき、近撮ではそれを目安にしました。あとはカン!

 それと、SWCにはカメラを水平に保つために、ボディに水準器がついています。歪曲収差をなくすためには、水平がとても重要になるからです。しかし、水平にするのも慣れないので苦労しました。水準器を見つめっぱなしで、なかなかシャッターが押せなかったです(笑)

Nikon D300, Ai Nikkor 50mm F1.4
トップへ戻る