ROLLEIFLEX 3.5Fを購入【レンズはSchneider-Kreuznach Xenotar 75mm】

ROLLEIFLEX 3.5F Xenotar 75mm ストラップ フード レンズキャップ Kenkoのフィルター
 先日からシュナイダーのレンズが付いたカメラが欲しいと考えていたのですが、いろいろと検討した結果、ROLLEIFLEX 3.5F Schneider-Kreuznach Xenotar 75mmを購入しました。

 これはかなりの美品で、レンズにキズやクモリはなく、ボディに小キズがあるのみ。そこにストラップとフード、レンズキャップ、ケースがセットになっていて、これらのアクセサリーを含めて考えると非常にお買い得でした。ただ、ケースはどうやらローライフレックスの違うタイプ用らしく、ちゃんと入りません。でも、ケースは使わないからいいです(なので上の写真に入れませんでした)。

 一緒にKenkoのフィルターも購入してテイクレンズに装着しました。これは枠が黒いのですが、フードに隠れるので「まあいいか」という感じです。でも、ビューレンズには黒い枠のフィルターは嫌なので、こっち用は純正のシルバー枠にしたい。

 なのですが、純正のシルバー枠フィルターはガラスに色が付いているものしかないらしく、これだとまた嫌なんですよね。そこで、純正のシルバー枠に国産のMCノーマルフィルターのガラスをはめ込んだものがあるので、それにしよう。

 そして後日、撮影をしてみたのですが、写真のピントがあまりにも合ってなくて、「これで外すか!?」という画でも外していたので、おかしいと思ってスクリーンを見てみたところ、なんと


ROLLEIFLEX 3.5F Xenotar 75mm スクリーン ビューレンズに純正シルバー枠フィルター
 スクリーンの土台部分を固定するネジが緩んでいて、スクリーンが正常な位置よりたいぶ浮き上がっていました。おそらくこれがピントを外した大きな要因じゃないかな(もちろんスキル不足もありますが…)。

 しかも、4本あるネジのうち3本は黒くて、1本だけ真鍮色でした(上の写真右側、天地中央付近)。まあ留まってくれればいいですけど…。

 それにしてもどうしてこんな状態になっているのか!? とりあえずネジを締め直してスクリーンを正常な位置に戻しました。これで撮ってみよう。

 ちなみに、上の写真にも写ってますが、ビューレンズにもフィルターを装着しました。純正シルバー枠に国産MCノーマルフィルターのガラスをはめ込んだものです。なかなかカッコいい。

 そうなると、テイクレンズのフィルターも純正シルバー枠にしたくなって、


ROLLEIFLEX 3.5F Xenotar 75mm テイクレンズのフィルターを純正シルバー枠に
結局そうしてしまいました!

Nikon D300, Ai Nikkor 50mm F1.4
トップへ戻る