住宅街【三輪車、巻き貝の置物、2台のバイクなど】 with HASSELBLAD SWC

前輪が壊れた三輪車

HASSELBLAD SWC, Carl Zeiss Biogon C38mm F4.5 T*, F8半, FUJIFILM NEOPAN 100 ACROS


 カメラはHASSELBLAD SWC(固定レンズ Carl Zeiss Biogon C38mm F4.5 T*)、フィルムはFUJIFILM NEOPAN 100 ACROSです。

 ビオゴンというレンズは、ほんとによく写ります。ただし、まだまだ使いこなせません。だから面白いです。




巻き貝の置物

HASSELBLAD SWC, Carl Zeiss Biogon C38mm F4.5 T*, F4.5, FUJIFILM NEOPAN 100 ACROS


 住宅の玄関先の塀の上にあった、巻き貝の置物。いつかの夏の思い出なのでしょうか。

 暗かったので絞りは開放のF4.5。目測は合ってたみたいです。開けて寄って周りのボケで主題を引き立てるというのは、SWC本来の使い方ではないかもしれませんが、まあアリじゃないかと思ってます。というか、いつもとあまり変わらないだけなのかも。

2台のバイク

HASSELBLAD SWC, Carl Zeiss Biogon C38mm F4.5 T*, F5.6, FUJIFILM NEOPAN 100 ACROS


 ちょっと高級なマンションの駐輪場に停めてあった2台のバイク。

 右端の柱に注目してみてください。このSWCに搭載されたカールツァイス ビオゴン38mmは、超広角レンズ(35mm判換算で21mm相当)なのにもかかわらず、柱に歪みはほとんどありません。ホントにすごいレンズです!

 ただ、実はこの写真、水平がイマイチだったのでちょっと傾き補正をしてます。完全に水平だったら、柱はもっと真っ直ぐに写ったはず。やっぱりSWCは難しい…。

郵便受けと葉

HASSELBLAD SWC, Carl Zeiss Biogon C38mm F4.5 T*, F5.6半, FUJIFILM NEOPAN 100 ACROS


 高台にある家の郵便受け。その上に葉が生い茂っていました。ビオゴンは、葉の一枚一枚を細密に描写してくれます。

遊んでいる子ども

HASSELBLAD SWC, Carl Zeiss Biogon C38mm F4.5 T*, F5.6, FUJIFILM NEOPAN 100 ACROS


 子どもが遊具の上を夢中で歩いていました。くれぐれも、バランスを崩さないでね。

 ちなみに、水平を出すために水準器を見つめていると、いつか無の境地に行けるような気がします!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



トップへ戻る