【Xserver】DNSレコード設定を変更してドメインの「www」をなくす方法


 当サイトは、Xserver(エックスサーバー)を使って運営しています。Xserverの契約時にドメインプレゼントのキャンペーンが実施されていたので、当サイトの「fscene.net」というドメインをもらいました。

 サイトを開設するにあたり、URLを「www」のない「fscene.net」にしたいと思い、いろいろと方法を試してみて、最終的に「fscene.net」にすることができました。今回は、その方法を紹介したいと思います。

Xserverのサーバーパネルで「DNSレコード設定」を変更して「www」をなくす

 Xserverでは、デフォルトの状態で「www.fscene.net」と「fscene.net」のどちらでもアクセスが可能です。ですので、「www.fscene.net」へのアクセス設定を削除することにします。

サーバーパネルにログイン


Xserverのトップページから、サーバーパネルにログインします。

レンタルサーバーの【エックスサーバー】は、高速かつ高機能、稼働率99.99%以上の高い安定性で、業界トップクラスの高コストパフォーマンスを誇る、月額900円(税抜)からの高品質レンタルサーバーです。

「DNSレコード設定」をクリック


 サーバーパネルの「ドメイン」のところにある「DNSレコード設定」をクリックします。

設定するドメインを選択


 「ドメイン選択画面」になるので、そこで設定するドメインをクリックします。今回は「fscene.net」を選びます。

「DNSレコードの一覧」のタブをクリック


 「使用前のご注意」のタプの隣にある「DNSレコードの一覧」のタブをクリックします。

「www」と「*」のあるレコードの「削除」をクリック


 DNSレコードの一覧が表示されます。ボカシが入っているところはIPアドレスで、すべて同じです。

 種別に「A」とあるのは、Aレコード(エー レコード)です。これは、Address(アドレス)の頭文字からきていて、ドメインをIPアドレスに結びつけるレコード。

 このAレコードのうち、「ホスト名」に「www.fscene.net」とあるレコードが、wwwのあるドメインを指定のIPアドレスに結びつけています。

 また、ワイルドカード*のある「*.fscene.net」のレコードは、「サブドメインが特に設定されていない場合は、どんなサブドメインでも、指定したIPアドレスに結びつける」という意味。

 ですので、この2つのレコードを削除すれば、wwwのないドメインになる(www.fscene.netではアクセスできなくなる)、ということです。なので「削除」をクリック。

 ちなみに、種別に「MX」とあるのは「MXレコード(エムエックス レコード)」です。これは、Mail Exchange(メール エクスチェンジ)の頭文字をとったもの。メールサーバのホスト名を記載して、そのドメインのメールを使用できるようにします。

「DNSレコードの削除(確定)」をクリック


 「www.fscene.net」のレコードの「削除」をクリックすると上の画面になるので、これの「DNSレコードの削除(確定)」をクリックします。


 削除完了の画面になります。

 「戻る」をクリックしてDNSレコードの一覧を表示し、同様の手順で「*.fscene.net」のレコードも削除します。

削除完了後の「DNSレコードの一覧」、作業終了


 「www.fscene.net」と「*.fscene.net」のレコードの削除が完了すると、「DNSレコードの一覧」は上のような画面になります。これで作業は終了です。

「www」ありではアクセスできないことを確認


 ブラウザのアドレスバーに「www.fscene.net」と入力して Enter キーを押しても、上の画面のように「このサイトにアクセスできません」という表示がされます。

おわりに

 wwwあり・なしの統一には、.htaccessで301リダイレクトを設定する方法もあります。ただ、この方法だと、Google Search Consoleでwwwあり・なしの両方を登録して、「サイトの設定」からどちらを使用するかを選択する必要があります。

 今回紹介したDNSレコードを削除する方法なら、wwwありのドメインそのものがなくなるので、Google Search Consoleで上記のような設定をする必要はありません。筆者は、Google Search Consoleの画面をなるべくスッキリさせたかったので、DNSレコードを削除する方法を実践しています。

スポンサーリンク
fscene.net レクタングル(大)
fscene.net レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る