Google Adsenseに一発合格!【審査に通るポイントとは?】 2017年5月版


 2017年5月11日、申請していたGoogle Adsense の審査を通過し、合格した旨のメールが届きました。2017年4月20日に初めて申請して、一発合格です。嬉しい!

 そこで今回は、筆者がGoogle Adsense の審査を一発で通過した過程について、詳しく紹介していきたいと思います。参考にしてください。

申請するためのサイトを準備

 まずは、Adsenseに申請して広告を掲載するサイトを準備しました。これがないと始まりませんよね。準備したサイトの詳細は、次のようなものです。

サイトのテーマは「ケアマネ試験対策」


出典:www.silhouette-ac.com
 介護支援専門員実務研修受講試験(ケアマネ試験)への対策と学習のサポートがテーマ。過去問3回分の解答・解説を掲載し、疑問を抱きやすい点や分かりにくい部分などについて、Q&A方式で解説しています。

 以下のサイトになります。

一問一答Q&A一覧過去問の解答解説試験情報

独自ドメイン取得、レンタルサーバー・WordPressに移行


出典:https://wordpress.org
 申請したサイトは、元々はSeesaaブログで書いていたものです。しかし、「そのままではAdsenseに申請できない。申請するには独自ドメインが必要」との情報があったので、ドメインを取得し、既に契約していたレンタルサーバーがあったため、そちらのWordPressに移行しました。

申請時の記事数は231


出典:www.ac-illust.com
 Adsenseに申請した時点での記事数は、次のようになります。

・全60問の試験の3回分の解答・解説で180記事。

・Q&Aとその一覧で42記事。

・受験資格や合格率・合格基準について2記事。

・資料が4記事。

・お問い合わせ、プライバシーポリシー、サイトマップの3記事。

 合計で231記事です。

 前述のように、元々はSeesaaブログで書いていたものだったので、申請した時点でこれだけの記事数がありました。

 また「お問い合わせ、プライバシーポリシー、サイトマップは重要」との情報があったため、事前に作成しています。

1記事あたりの文字数は、多くが1,000~2,000字


出典:www.ac-illust.com
 少ない記事だと400字程度です。ただし、そうした記事は10個くらいでしょうか。他は、1,000字~2,000字程度の記事が多いです。

画像、アフィリエイト、外部リンクはあり


出典:www.ac-illust.com
 ほぼすべての記事に、フリーの画像を入れ、アフィリエイトも入れていました。また、外部リンクを貼っていた記事もたくさんありました。

 調べてみると「画像、アフィリエイト、外部リンクは入れない方がいい」という情報もありましたが、入っていても審査に通ったという報告もあったため、そのいずれも入れています。

 なお正確には、アフィリエイトについては、初めは「あんまり良くないかな…」と思い、申請日の4月20日から26日までは入れていませんでした。しかし、大丈夫という報告を見つけたため、4月27日から入れています。

申請している間のPVは、1日平均で100程度


出典:www.ac-illust.com
 申請している間、1日に多いときは250PVくらいで、少ないときは60PVくらいでした。平均すると、1日に100PVくらいになります。

Google Adsenseへ申請(2017年4月20日)

 ここからは、Google Adsenseへの申請手順について説明していきます。

Adsenseのアカウントを作成

Google Adsense

 上記のサイトにアクセスして「お申込みはこちら」をクリック。

 すると、Googleアカウントの選択画面に。既にGoogleアカウントを複数もっていたので、その中から申請するアカウントを選びました(アカウントをもっていない場合は、新規に作成する必要があります)。

 その次の画面では、以下のような手順になります。

・「サイトのURL」に、申請するサイトのURLを入力。
 ↓
・ヘルプや提案のメールを受け取るかどうかを選択。
 ↓
・「国または地域を選択」で「日本」を選ぶ。
 ↓
・「はい、利用規約を確認し、内容に同意します。」をチェック。
 ↓
・「アカウントを作成」をクリック。

 Google Adsenseのホームに飛びます。

「支払い先住所の詳細」を入力、電話番号の確認

 「支払い先住所の詳細」を入力する画面になります。「アカウントの種類」は、初めから「個人」になっていたので、そのままにしました。そして、「名前と住所」の欄を入力して、「送信」をクリック。

 次に、電話番号の確認が求められます。確認コードの送信方法は「ショートメッセージサービス(SMS)」を選択しました。そして「確認コードを送信」をクリックすると、携帯のSMSに6桁の確認コードが送られてくるので、それを入力して「送信」をクリック。


 電話番号が確認されて、Gmailに「お支払い連絡先情報が変更されました」というメールが届きました。

Google Adsenseのホームでコードをコピーし、サイトの<head>タグに貼り付け

 Adsenseのホームに戻って「次に進む」をクリックすると、コードをコピーして、HTMLの<head>タグの直後に貼り付けるよう、指示されました。


 使用しているテーマはSimplicity2とその子テーマなので、WordPressのダッシュボード > 外観 > テーマの編集 > header-insert.php にコードを貼り付けました。

 このような場合、header-insert.phpに書くのがおすすめだそうです。

Simplicityの子テーマカスタマイズで、<head></head>内をちょっと編集したいときってあるかもしれません。そんな時は、header.phpを子テーマにコピーして編集するのではなく、あらかじめ子テーマ(


 Adsenseのホームに戻り、「自分でサイトにコードを貼り付けたか、コードの貼り付けを他の人にメールで依頼しました」にチェックして、「完了」をクリック。

サイトの審査開始、申請終了

 「お客様のサイトを審査しています」という画面になりました。「審査には最大で3日かかります」とのこと。

 これで、Adsenseの申請は終了です。

3日たっても変化なし、待っている間にもサイトを更新


出典:www.ac-illust.com
 「審査には最大で3日かかります」とありましたが、実際には3日たっても画面は変わらず、審査の可否のメールも届きませんでした。

 それからも待ち続け、その間にもサイトの更新は続けました。ちょうど、ケアマネ試験の受験案内配布と申込受付期間が各都道府県から発表される時期だったため、待っている間(より正確には、5月3日から5月10日まで)に追加したのは約50記事になります。

3週間後に審査通過のメールが届く(2017年5月11日)


 2017年5月11日、ようやく審査通過のメールが届きました。申請したのが4月20日なので、実に3週間かかったことになります。

 審査開始を知らせる画面には「審査には最大で3日かかります」とありましたが、これは「最大で1か月」くらいに変更してほしいと思いました。

 Adsenseのホームを見てみると、こちらも審査通過の表示が。これでようやく、Adsense広告を始められるようになりました。

まとめ

 このように、 Adsenseに申請して、一回で無事に審査を通過することができました。この経験から、自分なりに考えたこと、審査を通過するためのポイントなどをあげてみたいと思います。

審査は1回だけ(一次審査、二次審査という課程はない)
 申請する前に調べてみたところ、「一次審査と二次審査がある」という情報がありましたが、その後、仕様が変更されて、審査は1回だけになったようです。

画像、アフィリエイト、外部リンクがあってもOK
 前述のように、「画像、アフィリエイト、外部リンクは入れない方がいい」という情報もありましたが、入っていても審査に通ったという報告があったので、それらのいずれも入れていました。そして、入っていても審査を通過することができました。

記事内容に専門性があり、情報量として十分なものが良い
 今回申請したサイトは、介護支援専門員実務研修受講試験(ケアマネ試験)への対策という専門的な内容でした(ちなみに、平成28年試験の合格率は13.1%という難易度の高い試験)。また、申請時の記事数も231とそれなりの数で、1記事の文字数も多くが1,000~2,000字。こうした内容と記事数・文字数であれば、審査に通過する可能性が高くなると思います。

 ちなみに、以前は「Adsense申請用に、10記事くらいの日記サイト(画像、アフィリエイト、外部リンクはなし)を作る」というノウハウがあったようですが、現在は通用しないらしいです。

お問い合わせ、プライバシーポリシー、サイトマップを準備しておく
 前述のように、「お問い合わせ、プライバシーポリシー、サイトマップは重要」との情報があったため、事前に作成しています。これらは作るのがさほど難しくないページなので、作っておいた方が良いでしょう。

 以上です。参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク
fscene.net レクタングル(大)
fscene.net レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る